MENU

【基礎知識】FXをはじめよう!(FXとは?)

FXをはじめる方へ

ここではこれからFXをはじめてみたいと思われている方に向けて基礎知識、用語の解説等をしていきます。

1,FXとは?

FXとは「Foreign Exchange」の略称で、日本では「外国為替証拠金取引」と呼ばれる投資のひとつになります。

日本円を米ドルに両替するように、A国の通貨(お金)を別の国のB国の通貨に交換することを意味しています。

FXは近年、平日24時間取引ができ、少額の資金からでも始められるので敷居が低く、会社員や主婦の方々からも人気がでてきています。

2,FXの取引の仕組み

FX取引では外貨を売買し差益を得ることを狙う目的で通貨を交換します。

例えば1ドル=100円の為替レートで10万円を1,000ドルに交換し、1ドル=110円に為替相場が変動した時点で日本円に戻した

この状況は、米ドルに対して日本円の価値が10円下がった(円安が進んだ)ことを意味しています。

そのタイミングで日本円に戻せば、1ドル=110円なので1,000ドルに代わって11万円を受け取ることができます。

つまり、為替レートがドル高・円安に動いた結果、「1万円」の「為替差益」が発生したわけです。これがFX取引における利益が発生する仕組みです。

FXでは取引額の一部に相当する証拠金を預けることで「レバレッジ」という仕組みを使い、少額の資金で大きな金額の取引ができます。

レバレッジについてはこちらで詳しく解説しています。

【基礎知識】重要!!レバレッジとは?

3,FXでどうやって利益が得られるの?

FXで利益を得る方法として「為替差益」「スワップ収益」があります。

為替差益とは前述の通り、為替レートが安い時に買い、高い時に売るとその差分が利益となります。

これは「キャピタルゲイン」と呼ばれることもあります。

スワップ収益とは金利と似ているもので、金利の低い国の通貨を売り、金利の高い国の通貨を買うと、貯金の金利のようにスワップ収益が発生します。

このスワップ収益では為替レートの上下は関係ありません。

スワップ収益は通常の貯金と違い日々発生してしまうので注意が必要です。

これは「インカムゲイン」と呼ばれることもあります。

4,世界の通貨

世界で基準になっている通貨をご存知でしょうか?

それはアメリカ・ドル(USD)です。

過去にはイギリスのポンド時代もありましたが、1944年以降アメリカドル(USD)が世界の基軸通貨となっています。

FXの世界でもアメリカ・ドル(USD)はメジャー通貨のひとつになっています。

前述のアメリカ・ドル(USD)、ヨーロッパ圏で使われているユーロ(EUR)、私たちの日本の通貨である日本円(JPY)「世界三大通貨」「G3通貨」と呼ばれています。

なお、多くの場合、取引画面上では、アルファベット3文字でそれぞれの通貨が略して表記されています。

FXでよく取引される通貨の表記です。

スクロールできます
通貨名3文字表記
アメリカドルUSD
ユーロEUR
日本円JPY
イギリスポンドGBP
オーストラリアドルAUD
ニュージーランドドルNZD
カナダドルCAD
南アフリカランドZAR
スイスフランCHF
トルコリラTRY

ここでは為替の通貨の説明をします。

暗号通貨、仮想通貨についてはこちらで詳しく解説します。

5,通貨ペア

FX取引を行う場合、まず通貨ペアを選ぶことから始まります。

その後、さまざまな手法で実際に取引していくことになりますが、その際に通貨ペアの特徴を理解しておくことが重要です。

実際の取引で売買する2つの国の通貨のことを通貨ペアといいます。

米ドルと日本円では「米ドル(USD)/日本円(JPY)」、ユーロと米ドルならば「ユーロ(EUR)/米ドル(USD)」と表記されます。また「/」で2つの通貨が区切られていますが、左側は「基軸通貨」で購入する通貨のことを指し、右側は「決済通貨」で売買する通貨を意味しています。

つまり、「USD/JPY」を買うということは、日本円を売って米ドルを購入するということです。USD/JPYのペアは、米ドルを円で売買するという意味です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる