MENU

初心者でもできる押し目買い・戻り売り手法【移動平均線&RSI】

目次

手法の特徴

一つ上の時間軸の移動平均線とRSIを組み合わせをチャートで表示させます。
それぞれのエントリーシグナルが合致した場合のみエントリーします。

FXはトレンド内での順張りが正しいという考えから、マルチタイムフレーム分析を組み合わせて押し目、戻り目を狙う“逆張りだけど、実は順張り”な手法です。

取引スタイル


【スキャルピング】【デイトレード】

時間軸

【1分足】【15分足】

分析方法

【移動平均線】【RSI】【水平線】

1分足、15分足を使用

移動平均線(100SMA、250SMA、375SMA)とRSI(デフォルト設定)をチャート上に表示

移動平均線【100SMA、250SMA、375SMA】を表示させる理由
100SMA…上位足の20SMA
250SMA…上位足の50SMA
375SMA…上位足の75SMA
水平線はチャート上のレジサポに引きます。
あくまで水平線は目安です。
意識されてると思われる部分に引いてください。

エントリーポイント

ロング

①上から「100SMA→250SMA→375SMA」の順に並んでいる(パーフェクトオーダー)

②100SAMが右上がり

③RSIが30のラインにタッチしたらロングエントリー

④損切りは10pips(20pips)かレジサポライン

ショート

①上から「375SMA→250SMA→100SMA」の順に並んでいる(パーフェクトオーダー)

②100SAMが右下がり

③RSIが70のラインにタッチしたらショートエントリー

④損切りは10pips(20pips)かレジサポライン

利確と損切の例

1分足の場合
+10pipsで利確

-10pipsで損切り

ナンピンも視野に入れる場合ナンピンは1回まで
さらに10pips逆行で損切り

15分足の場合
+20pipsで利確

-20pipsで損切り

直近の高値(安値)で利確、損切を考えても良い

まとめ

移動平均線とRSIの組み合わせでシンプルなパーフェクトオーダーの手法なので、初心者にもおすすめな手法です。

ボラティリティがありすぎると10pipsで損切りになってしまうことがあるので注意しましょう。

エントリー時にRSIのダイバージェンスを確認してからエントリーすることで精度があがります。

GEMFOREXの最新情報

GEMFOREXへ新規口座開設で20,000円がボーナス!
入金不要で20,000円で即トレードが行えます! リスクゼロでGEMFOREXを体験!
※ノースプレッド口座は対象外となります。
本キャンペーンは
2021年11月1日(月)0時~ 2021年11月9日(火)23時59分59秒までとなります。
※キャンペーン期間中が対象となりますのでご注意ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる